ダンスエクササイズなら楽しくダイエットが継続できる!

ダンスでダイエット!

ダンスは楽しみながら運動できるところが最大のメリットです。
上級者になると殆どの人がスリムになっているという事実も注目すべきポイントですね。

最近では年齢層に関係なくZUMBAやヒップホップ、ベリーダンスなどを始める人が多く、きっかけはダイエット目的だったはずがダンスそのものにハマってしまい、気づいたら痩せていたというケースも珍しくないようです。

ダイエットを成功させる一番のコツは“継続させること”ですから、ダンスのように好きで楽しく続けられるものほど成功率が高くなるのは間違いありません。

ただ、エクササイズを行うときはいくつかのポイントを意識しておかないと、どれだけ継続してもダイエット効果がなかなか出てこない可能性もあるので要チェックです。

ダンスエクササイズのポイントは腹筋を常に意識する事

ダンサーの腹筋

ダンスをしっかりと踊るためにもダイエットを成功させる為にも、コア(腹筋)に常に力を入れておくように意識しておく必要があります。お腹に力が入っていないとダイナミックな動きが出来ず、エクササイズ効果が半減するほか、腰を痛める可能性もあるからです。

実際にダンスをやってみるとわかりますが、腹筋を使って踊らないと全体的にキレの無い踊りしか出来ません。端から見ると手足だけでバタバタと動いているような感じです。ですので、ダンスを上手に踊るためにも腹筋を意識することは必須なのですね。

 

インストラクターの動きを細部までマネする

ダンスインストラクター

これはダンス初心者の方にはハードルが高いかもしれませんが、慣れて動きを覚えてきたら意識すると良いでしょう。

プロのダンサーは前述したように腹筋を始め、体のあらゆる筋肉をバランス良く使って踊っていますので、インストラクターの動きを細部までマネすれば、ダンスが上達することはもちろん、ダンサー特有のスレンダーボディに早く近づくことが出来ます。

最近ではダンス教室だけでなく、スポーツクラブでもダンスプログラムが多く取り入れられていますので、比較的誰でも行いやすいものとなりました。また、TRFダンササイズのように自宅で出来るDVDプログラムも多数販売されていますので、こういったものを活用するのも良いでしょう。

いずれにしてもインストラクターの動きを細かく再現していくことが、ダイエットの成功の近道ということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る