ランニングの脂肪燃焼効果でダイエットがさらに加速!

ランニングダイエット

ランニングは有酸素運動の中でも非常に脂肪燃焼効果が高く、習慣として行えるようになれば確実にダイエットは加速していくでしょう。

また、心肺機能向上や筋肉の強化などのメリットもあるので、継続すれば日常生活で快活に過ごせるようになったり、様々なスポーツを楽しむ基礎体力を作る事も出来ます。

ランニングから始めて少しずつ距離を伸ばせば、フルマラソンを完走するといった新たな境地へ挑戦する事も全く夢では無くなりますよ!

ランニング開始から約20分で脂肪が燃え始める

ランニングを始める前により効果を高めるために知っておいた方が良い事があります。ここではいくつか押さえておくべきポイントを解説していきましょう。

まず、ランニングは開始から約20分ほどで脂肪が燃え始めると言われております。これは脂肪燃焼作用のある成長ホルモンが分泌されるまでの時間なのです。ですから走るスピードよりも時間を意識して取り組むことでダイエット効果を高めることが出来ます。

会話が出来るくらいのゆったりとした速度で走る

気合いを入れてランニングを始めようとすると、特に男性の場合に多く見受けられますが、いきなりスピード上げてしまう方がいます。しかし、これでは長く走り続けることが出来ませんし、そもそも脂肪燃焼という観点からすると間違ったランニングの方法なのです。

ダイエットに効果的なランニングの速度というのは、会話が出来るくらいのゆっくりとしたスピード。逆に「ハアハア」と息が切れる程の速さで走ると使われるのは主に糖質なので、脂肪燃焼があまり行われないのです。

ですから、ゆっくりとしたスピードでランニングを行うことは、脂肪燃焼効果を高められる上に長い時間を楽に走り続けられることにもなるのです。

さらにランニング効果を高める方法とは!?

先ほどランニングで脂肪燃焼が始まるのが開始から約20分という時間が掛かる事をお話しましたが、もっと効率的に体脂肪を燃やす方法があります。

それは筋トレをランニングの直前に行う事です。

これは筋トレを行う事でも成長ホルモンが分泌され、ランニングの開始と同時に脂肪燃焼が始まるからです。事前に10〜20分程度の筋トレを行っておく事で、20分を待たずとも体脂肪が燃え始めます

また、体全体の筋肉をバランス良く鍛えておく事で、ただ痩せるだけではなく綺麗でカッコいいボディラインを作ることも可能になります。

ランニング前後はストレッチなどで脚のケアをしっかりと

怪我を防止し疲れを残さずランニングを楽しく継続できるようストレッチなどは入念に行いましょう。ストレッチには筋肉が固くなるのを防ぐ効果もあります。また、BCAAなどアミノ酸系のサプリメントを摂取すると疲労回復を早める事が出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る