筋トレダイエットで自由自在にボディメイクする!

筋トレ

筋トレは数あるダイエット法の中でも非常に有効な手段です。

運動ダイエットと言えば筋トレの他にランニングをはじめとする有酸素運動が代表的ですが、
無酸素運動と言われる筋トレは短時間のトレーニングでも習慣的に行う事によって、
痩せやすく太りにくい体を作る事が出来るメリットがあります。

筋トレが痩せるメカニズム

基礎代謝

筋トレが何故ダイエットに有効なのかというと、筋肉が鍛えられ増えることによって基礎代謝が上がるためです。

基礎代謝というのは運動も何もしていない状態でも
人が必要とするエネルギー量のこと。

すなわち、この基礎代謝が大きければ大きいほど、黙っていてもカロリーが消費される体になるということなのです。

基礎代謝は脳や内蔵、骨格筋が大部分を占めますが、筋肉を増やす事が唯一、基礎代謝量をアップさせる方法となります。

超回復を意識して筋トレを行う

筋トレは有酸素運動と違って、ひたすらトレーニング量を増やせば効果が出るというものではありません。毎日やりすぎると返って逆効果になる可能性すらあるのです。

筋トレで筋肉が増えるプロセスは、トレーニングを行う事で一旦筋肉を破壊し、それを修復する過程で以前よりも強く大きくなるというものです。

これを筋の超回復と言い、筋繊維の修復には大体48〜72時間が必要となります。

超回復の期間を待たずに休みなしにトレーニングを行えば、筋肉を破壊されるだけで修復が行われませんので、筋肉量は増えていきません。したがって基礎代謝量もアップしないということになるため、ダイエット効果もあまり期待できないということになるのです。

ですから効率的に筋肉量を増やすためには超回復の原理を考慮し、中2日くらいの感覚を空けて週2〜3回の筋トレを行うことが理想的と言えるでしょう。

女性が筋トレしても大丈夫なの??

男性の場合は筋トレを行うことに抵抗がある方は少ないでしょうが、「女性の場合はムキムキになったらどうしよう?」と不安に思う方も多いはず。しかし、女性がボディビルダーのようなマッチョな体になるには、かなりの特殊なトレーニングが必要となるため、そういった心配をする必要は全くありません。

寧ろ女性が筋トレを行う事によって、“きれいに痩せる”ことが出来るようになりますので、最近ではスポーツクラブなどでも男女問わず筋トレを行うようになっています。

筋トレで得られるメリット

前述したように筋トレを行うことによって基礎代謝がアップするため、何もしていない時でもカロリー消費量が増えて太りにくい体へと体質改善することが可能です。

また、部分痩せを期待したり特定の部位に筋肉をつけることによって、体のラインをある程度自在にコントロールしデザインすることが出来ます。

一度のトレーニング時間もそれほど多くを必要とせず、毎日行う必要も無いため忙しいビジネスパーソンなどにもオススメですね。

筋トレのデメリット

積極的な筋肥大を狙う場合は翌日に筋肉痛になる事は必至なので、私生活にも多少影響を及ぼす可能性があります。筋肉の回復を早めるためにプロテインやグルタミンなどのアミノ酸サプリメントなどを活用して、筋肉のケアや疲労回復にも気を配ることも大切になります。

⇒筋トレダイエット関連記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る