酵素断食は2つの方法で行える!

酵素断食2つの方法

ここ数年ずっとブームが続いている酵素ダイエット。その方法はいわゆる断食を数日間行うというものなのですが、ただ食事を摂らないということではなく、普段の食べ物を酵素ドリンクやジュースに置き換えて栄養はしっかり摂るというスタイルになります。

酵素断食の方法は主に2つのパターンがあり、1つは市販の発酵酵素ドリンクを水や炭酸で割って飲むものと、もう一つは自家製酵素ジュースを作って飲むというもの。

いずれもカロリーを抑えながら栄養はしっかりと摂れるため、短期間で体重や体脂肪を落としたいダイエットには非常に効果的です。

通常の断食だと代謝が落ちてリバウンドしてしまうのですが、酵素を摂る事で代謝を上げながら痩せるため、リバウンドのリスクも比較的少ないことが特徴と言えます。

また断食中にストレッチや簡単な筋トレなど、最低限の運動を行う事でさらにリバウンドを防止する事が出来ます。

それぞれの酵素断食方法のメリット

まず酵素ジュースを自分で作るパターンの酵素断食ですが、こちらはミキサーやジューサーなどがあれば、あとは野菜や果物などの材料を買ってくれば良いので、非常に経済的にダイエットを行う事が出来ます。ただ、酵素ジュースは時間が経ってしまうと酵素が失われてしまいますので、毎回飲む直前に作らなければならず、多少手間が掛かります。

これに対して市販の酵素ドリンクの場合は、自宅で作るジュースに比べてコストが掛かるものの、独自性法で発酵させた豊富な原材料から酵素を抽出しているため栄養価が高いことが大きな特徴。

野菜や果物だけでなく野草や海藻など何十種類もの材料から作られているものが殆どです。

また自分で作る手間が無く酵素ドリンクをそのまま飲んでも良いし、水や炭酸で割って飲むだけなので非常に簡単です。プロのインストラクターが主催する断食ダイエットスクールでもこのような酵素ドリンクを用いる場合が多いです。

自家製酵素ジュースの作り方

自宅で作る酵素ジュースは、基本的に野菜や果物をジューサーやミキサーでミックスするだけで簡単に作れます。ただミキサーの場合は繊維が残ってしまうのでガーゼなどでこして絞ったものを飲んでください。これは繊維を摂らないことで腸内環境をクリーンにしデトックス効果を高めるためです。

こちらに酵素ジュースレシピの一例を紹介します。

イチゴバナナ

いちごバナナスムージー

「材料」
いちご:100g
バナナ:1個
豆乳:80g

「作り方」
1.いちごはへたを取る。

2.バナナは皮を剥き、一口大にカットする。

3.野菜と果物をジューサーで搾り豆乳を混ぜる(ミキサーの場合は全ての材料をミキサーにかけてガーゼなどで搾る)。

この他にも色々な野菜や果物を組み合わせて、ぜひオリジナルレシピを作ってみてください。

おすすめ発酵酵素ドリンク

それでは最後に、市販の酵素ドリンクを使って断食する場合に栄養価が高いオススメのドリンクを紹介します。ちなみに酵素はサプリメントタイプもありますが、断食を行うときはドリンクタイプをオススメします。

「優光泉」

酵素ドリンク

九州産野菜にこだわり完全無添加の酵素ドリンク。ファスティングの専門家が開発しているため、酵素断食にはピッタリのドリンクです。値段も比較的リーズナブルなので酵素断食初心者の方に特にオススメです。

優光泉の詳細はコチラ

 

野草原液「酵素八十八選」

酵素八十八選

こちらも完全無添加のドリンク。そして他の酵素ドリンクに比べて圧倒的に質が良いのが特徴。昔から民間薬として使用されてきた60種類の野草、28種類の野菜・果実・海草・きのこ類、31種類の麹菌、乳酸菌、酵母菌が配合された最高峰の酵素ドリンクです。

酵素八十八選の詳細はコチラ

 

ベルタ酵素

ベルタ酵素

酵素ダイエットの定番ドリンク。165種類の酵素と「ヒアルロン酸・プラセンタ・ザクロ」の美肌成分を配合しているため、男女年齢問わず幅広い層に人気があります。味も美味しく飲みやすいのが特徴。

ベルタ酵素の詳細はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る