酵素断食の方法と具体的なスケジュール

酵素断食の方法と具体的なスケジュール

酵素断食は基本的に固形物は口にせず、水と酵素ドリンクだけで一定期間を過ごすダイエット法になります。ビタミンやミネラルなどの栄養は、酵素ドリンクでしっかり補う事が出来るため、脂肪燃焼体質に変化させていくことが最大のメリットとなります。

酵素ドリンク摂取タイミング

酵素ドリンクは普段の食事に置き換えるようにして摂取します。水も一度で2リットル飲むのは大変ですので、酵素ドリンクを飲むタイミングで一緒に500ccずつ分けて飲むと飲みやすいでしょう。また、500mlのペットボトルに分けて入れておくと、どのくらい飲んだかがわかるので便利です。

ちなみに酵素ドリンクは原液のままでも良いですし、水で割っても良いです。炭酸水で割るのが飲みやすく腹持ちも良いのでオススメ。

朝食:酵素ドリンク+水500cc
昼食:酵素ドリンク+水500cc
夕食:酵素ドリンク+水500cc
夜食:酵素ドリンク+水500cc

酵素断食スケジュール

準備期間(前日)⇒3日間の酵素断食 ⇒復食期間( 1週間)

これは3日間断食する場合のスケジュール例ですが、断食期間の前後に準備期間と復食期間というものがあります。準備期間では出来るだけ消化に良いものを食べるようにしましょう。復食期間も同様に通常の食事に戻すまでの大切なプロセスです。ここで一気に食べてしまうとリバウンドしたり体調を崩したりします。

復食期間のメニュー

断食の翌日1食目は基本的に固形物が残らないほど柔らかい「おかゆ」を食べるのがベスト。2食目から味噌汁も食べても大丈夫です。2日目以降は再度メニューなどを増やして少しずつ普段の食生活に戻していきますが、基本は通常の半分くらいのカロリーが目安になります。復職期間中は脂っこいものや消化に悪いものは、出来るだけ避けるようにしましょう。

好転反応が出ても慌てない

酵素断食を行っていると、やたらとあくびが出たり眠くなったりすることがあります。また下痢や吹き出物などの症状が出る場合がありますが、これは体から毒素が抜け出るために起こる好転反応というものですので、特に心配する必要はありません。ただしあまりにも具合が悪くなったら、無理せず断食を中断しましょう。

酵素断食を始める前に用意するもの

1.酵素ドリンク

酵素断食を始める前にまず酵素ドリンクが必要になります。

これは2通りの方法があり、市販の酵素ドリンクを購入するか、自宅で酵素ジュースを手作りするというパターンがあります。作り方や酵素の選び方など詳しくはこちらの記事を参照。

酵素断食は2つの方法で行える!

 

2.手作りするならジューサーやミキサー

こちらは市販の酵素ドリンクを用いるのであれば必要ありません。自家製酵素ジュースを作る場合のみ必要となります。

ジューサーならそのままで問題ありませんが、ミキサーを使う場合は繊維や固形物が残ってしまうので、ガーゼなどで一旦こして絞ったものを飲むようにしてください。酵素断食は固形物を一切摂らないことでデトックス効果を高めることが出来るのです。

Panasonic ジューサー MJ-M12-D

 

3.良質なお水

断食中の水

断食中は一日2リットル以上の水を飲むようにしてください。出来れば通常の水道水ではなく、ミネラルウォーターや浄水器に通したものが望ましいです。

 

酵素断食を行うにあたって、一番のキモになってくるのは酵素ドリンクをどうするかということです。つまりは自宅で作るのか酵素ドリンクを購入するのか、はたまたどの酵素ドリンクを選ぶべきなのか。

いずれの方法でも酵素断食を行う事が出来ますが、手間が大きく違ったりしますのでストレス無くダイエットを成功させるために、ご自身に合ったやり方で取り組むのがベスト。

まずはコチラの記事を参照して、どのやり方で行うかを選んでみてください。

酵素断食ダイエットの2つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る