【たるみ解消にイチオシ】脂肪溶解注射の効果や期間は?パームスクリニックのおすすめポイントもご紹介

【たるみ解消にイチオシ】脂肪溶解注射の効果や期間は?パームスクリニックのおすすめポイントもご紹介

お腹や二の腕の脂肪に効果ありと話題の脂肪溶解注射!名前からして凄そうですが、実際のところどんな効果があるのでしょうか?

薬剤を体内へ注射するとなると、副作用やダウンタイムの有無も気になってしまいますよね。

そこで今回は脂肪溶解注射の効果やメリット、ダウンタイムや副作用の有無を詳しくご説明します。

脂肪溶解注射とは?

脂肪溶解注射とは、皮下脂肪の細胞を破壊し、体外への排出を促す施術方法です。

もともと脂肪肝や高脂血症の治療に用いられていたものですが、近年はメディカルダイエットの1つとして注目を集めています。

 

脂肪溶解注射の効果

脂肪溶解注射の主成分には脂肪細胞を破壊する作用があります。

破壊された脂肪細胞は次第に溶けだしていき、汗や尿などと一緒に自然に排出。余分な脂肪を体外への排出することで、施術部位を効果的にシェイプアップできるのです。

 

脂肪溶解注射に向いている部位

脂肪溶解注射は、皮下脂肪がつきやすい部位に向いています。

たとえば二の腕やお腹、太もも、ひざ上などです。体だけでなく顔にも注射できるので、二重あご輪郭、頬の脂肪が気になる方にもおすすめできます。

脂肪溶解注射のメリット

メカニズムが分かったところで、ここからは脂肪溶解注射のメリットをご紹介しましょう。

 

リバウンドしにくい

脂肪溶解注射はリバウンドの可能性が低く、痩身効果を維持しやすいのが特徴です。

私たちの体内には脂肪細胞と呼ばれる細胞があります。この脂肪細胞にはその名の通り脂肪を蓄える働きがあり、脂肪細胞が大きくなると体が肥満傾向になり、逆に小さくなるとスリムな体型に近づきます。

ダイエットに成功すると脂肪そのものが体から出ていったような感覚になりますが、実のところは小さく縮んでいるだけ。脂肪細胞は体内に残されており、ダイエットをやめてしまうと再び脂肪細胞が大きくなる可能性もあります。すると体型が元に戻ったり、リバウンドしてダイエット前より太ってしまうことすらあるのです。

一方、脂肪溶解注射は脂肪細胞そのものを破壊することができます。一度破壊された脂肪細胞が再生することはないので、脂肪溶解注射をした部位は脂肪がつきにくくリバウンドしにくい状態に!

一度増えた脂肪細胞を減らすのは簡単ではなく、家庭でできる一般的なダイエットではほぼ不可能と言われています。脂肪溶解注射により脂肪細胞の数を減らせば、より根本的なダイエットが可能となるのです。

 

気になる脂肪をピンポイントに除去できる

脂肪溶解注射は気になる部位に直接注射できるので、部分痩せに向いています。

食事制限や運動ではなかなか痩せない部分も、脂肪溶解注射ならピンポイントに施術可能。一向に減らないお腹の脂肪や、口元のもたつきが気になる方にもおすすめです。

また、脂肪細胞を破壊するので、しつこいセルライトの除去にも効果的を発揮してくれます。

 

ダウンタイムが短い

脂肪溶解注射は周りの組織への影響が少なく、術後のダウンタイムが短いというメリットもあります。

注入後すぐにメイクもシャワーもOKで、日常生活への支障はほとんどありません。

メスを使わないので傷跡が残る心配もなく、施術時間も約10分と短時間で終了します。

脂肪溶解注射の効果があらわれるまでの回数・期間

脂肪溶解注射の効果が表れるまでの回数は部位にもよりますが、平均するとだいたい3回程度です。

顔は体と比べると脂肪の量が少ないため、1回の施術で満足する方もいます。とはいえ必要な回数はもともとの脂肪の量や理想のボディラインによっても異なるので、人によっては5回以上注射した方が良い場合もあるでしょう。

施術の間隔はおよそ2~3週間程度なので、2ヵ月~4ヵ月程度の期間が必要です。少し長く感じるかも知れませんが、脂肪溶解注射は脂肪細胞そのものを破壊するので、再び太らない限り半永久的な効果が期待できます。

一度施術が終わればメンテナンスへ通う必要もないので、忙しい方も安心です。

脂肪溶解注射の副作用や注意点

リバウンドしにくく気になる脂肪をピンポイントに除去できるなど、メリットばかりの脂肪溶解注射ですが、実はいくつかの副作用や注意点もあります。

 

腫れや赤み、内出血が起きる可能性がある

脂肪溶解注射の副作用としては、注入部位の腫れや赤み、内出血などが起こる可能性があります。

いずれも一時的なものですが、顔に脂肪溶解注射を注入した場合は腫れが長引くこともあるので注意しましょう。

 

体質や疾患によっては施術ができない

脂肪溶解注射には大豆由来のフォスファチジルコリンという成分が配合されることがあります。

優れた作用があり脂肪溶解注射の主成分にもなる成分ですが、その場合大豆アレルギーの方は施術が受けられません。

また、妊娠中・授乳中の方、糖尿病や心疾患、腎疾患、高血圧やバセドウ病の方は施術を断れれる場合があります。

 

注射当日は皮膚を刺激してはならない

前述の通りメイクやシャワーは施術当日から可能ですが、できるだけ皮膚を刺激するような行為は控えましょう。

たとえば注入部位を締め付けるような服の着用や、ボディークリーム、電気治療など。また、入浴や飲酒、激しい運動も避けましょう。

脂肪溶解注射が受けられる医療ダイエットの専門外来「パームスクリニック」

脂肪溶解注射を検討している方には、メディカルダイエットに特化した「パームスクリニック」です。

パームスクリニックの脂肪溶解注射に採用されている薬剤は、最新の脂肪溶解注射「Deolipo(デオリポ)」!主成分のデオキシコール酸には脂肪細胞の細胞膜を破壊する作用があり、アメリカ食品医薬品局からの承認を受けた薬剤です。

Deolipoはこのデオキシコール酸を、同様の製品の5000倍もの超高濃度で配合!さらに脂肪の燃焼と分解を促進するL-カルニチンと脂肪細胞の排出を促すアーティチョークエキスをプラスし、脂肪溶解効果の高さとダウンタイムの少なさを両立しています。

パームスクリニックでは脂肪溶解注射に加え、小顔効果の高い「メディカルHIFU」や「サーマメディカル」といった話題のメディカルダイエットメニューを組み合わせた短期集中プログラムも用意!余分な脂肪を最短距離で除去し、理想的なボディラインを目指していきます。

 

コース・料金

■全身完全ダイエットコース/月額14,800円~
■特化型痩身コース/月額8,300円~
■小顔ダイエットコース/月額8,300円~
■パーソナル型オンライン医療ダイエット/月額3,100円~

 

基本的な施術内容

■医療EMS/EMSの10億倍パワーによるボディメイク
■医療ハイフ/超音波筋膜照射による小顔効果
■GLP-1/痩せホルモン増加による食欲抑制
■脂肪溶解注射/気になるポイントの脂肪燃焼
■医療ラジオ波/血流・リンパ活性によるたるみ解消

 

店舗情報

■店舗数  1店舗
■住所   東京都新宿区新宿3丁目9-5ゴールドビル8階
■アクセス JR新宿駅東口より徒歩6分/地下鉄新宿三丁目駅C6出口より徒歩30秒
■診療時間 11:00〜20:00(オンライン診療あり)

公式サイト≫パームスクリニック

さらに詳しく知りたい方はコチラ≫パームスクリニックの口コミ・評判 |本当に痩せられる!?医療ダイエット専門クリニックが凄かった。

まとめ

脂肪溶解注射には脂肪細胞を破壊し、余分な脂肪を体外へ排出してくれる効果があります。

気になるところをピンポイントに施術できるので、部分痩せにもぴったり!脂肪細胞そのものを減らすのでリバウンドの可能性も低く、効果は半永久的に持続するのでメンテナンスの必要もありません。

「一部分だけ脂肪がつきやすい」「何度もリバウンドを繰り返している」という方には特におすすめの施術です。

脂肪溶解注射を上手に取り入れて、しつこい脂肪やセルライトとさよならしましょう!