運動しないで痩せる方法は?リバウンドしないで痩せる方法を解説

運動しないで痩せる方法は?リバウンドしないで痩せる方法を解説

「健康的に痩せるためには運動が不可欠!」と言われていますが、運動が苦手な方にとっては軽いウォーキングや筋トレもハードルが高いですよね。

それに、仕事や家事・育児で忙しい日々を送る現代人にとって、日々運動時間を確保するのはなかなかな難しいものです。

そこで今回は、運動なしでも痩せる方法を徹底解説!運動嫌いの方におすすめのダイエット方法や、筋トレなしでもリバウンドしないコツをご紹介していきます。

運動なしで痩せるための5つのポイント

それでは早速、運動なしで痩せるために大切な5つのポイントをご紹介しましょう!

 

食生活を徹底的に見直す!

運動なしで痩せるためには、食生活の改善が一番大切!
「ダイエットは食事が9割」という言葉があるくらい、ダイエットの成否は日頃の食生活にかかっているんです。

以下に食生活を改善するためのコツをまとめていきますので、ぜひ取り入れやすいところからはじめてみてください。

毎日の食事内容を記録する

いわゆる「レコーディングダイエット」と呼ばれる方法で、1日ごとに食事の内容を記録していきます。面倒なカロリー計算などが必要ないので、ダイエット初心者にもおすすめです。朝、昼、晩の食事だけでなく、間食や飲み物まで記録できるとなお良いですね。

記録するものはメモ帳でも、ノートでも、スマホアプリでもなんでもOK。ただし、レコーディングダイエットは後から食事内容を振り返ることが大切なので、思い立ったときにさっと見返せるツールを選びましょう。

カロリーを計算する

食事内容を記録することにある程度慣れてきたら、メニューの横にカロリーを書き添えましょう!

つづいて一食あたりの合計カロリーも書き記しておきます。たとえば朝食が「ごはん1杯、わかめと豆腐のお味噌汁、焼き鮭」という内容だったなら「ごはん1杯240kcal、わかめと豆腐のお味噌汁56kcal、焼き鮭1切れ128kcal」で、合計424kcalとなるわけです。

そして三食分(+間食)の合計カロリーを一日の摂取カロリーとして記録しておきます。体型や年齢、日中の活動量などにもよりますが、運動なしでダイエットするなら一日の摂取カロリーは男性:1600kcal、女性:1250kcal以内に抑えると良いでしょう。

「毎食のカロリーを計算するのは大変そう」という場合は、一日の食事内容をある程度固定化してしまうのがおすすめです。たとえば上記のように朝食は「ごはん、味噌汁、焼き鮭」と決めてしまえば、毎回計算せずともすぐに一食分のカロリーを記録できます。1kcal単位で厳格に計算する必要はないので、お味噌汁の具がちょっと変わったりしても気にせず記録するのが長続きのコツです。

どうしても面倒くさいという方は、コンビニを活用してみてください!コンビニで販売されているお弁当やおにぎりには、ほとんどの場合カロリーが記載されています。最近はコンビニでもヘルシー志向の商品が増えてきているので、「ダイエットといえば自炊!」と思い込まず積極的に利用しましょう。

糖質の摂取量を抑える

糖質の摂取量を抑える「糖質制限ダイエット」は、近年若い人を中心に人気のダイエット方法です!基本的なやり方はカロリー制限と同じで、食事の糖質量を記録しながら摂取量を一定以下に抑えていきます。

糖質は私たちの体に欠かせない栄養素のひとつなので、あまりに制限するのは禁物。糖尿病などでお医者さんから指導を受けているといったケースを除けば、基本的にはゆるやかな糖質制限で十分ダイエット可能です。

具体的には一食あたりの糖質摂取量を20~40g。間食での糖質摂取量を10g以内に抑えることが推奨されています。

体の代謝を上げる

「それほど食事量が多いわけじゃないのに太る」という方は体の代謝が低下している場合が多いもの。一般的にはトレーニングで筋肉量を増やすことで代謝を向上させるのがベストですが、運動以外にも代謝アップの方法はたくさんあります。

ひとつめは血行を促進し、体温を上昇させること!体温が下がると胃や腸などの消化器官の働きが弱まり、代謝が低下してしまいます。できるだけ体温を下げないために、あたたかい飲み物や食べ物を選んだり、お風呂にゆっくり浸かるなどして体の巡りを促進させましょう。

ふたつめは水分を積極的に摂取すること!私達の体の大部分は水でできており、体内の水分量が不足すると体の代謝機能も低下してしまいます。一日に必要な水分量は1.5Lと言われているので、マイボトルを常備するなどして出先でもこまめに水分補給をしましょう!

ストレッチやマッサージを取り入れる

運動が苦手な人でも、ストレッチやマッサージなら無理なく取り入れられるはず!ゆったりとした動作で体をほぐしていくと、精神が落ち着きストレスも解消されやすくなります。また、血行も促進されるので代謝アップ効果も期待できますよ。

睡眠の質を向上させる

睡眠中に多く分泌される「成長ホルモン」は筋肉や骨の成長に関わるほか、脂肪の代謝を促進する作用もあります。成長ホルモンは深く眠っている最中に分泌されるので、十分な睡眠時間を確保するのはもちろんのこと、睡眠の質の向上を目指しましょう!

睡眠の質は寝る前の習慣に大きく左右されます。人間の体は体温が下がると眠気を感じやすくなるので、寝る前1~2時間に入浴し、体を十分あたためるようにするのがおすすめです。また、スマホやパソコンの画面から発せられるブルーライトには覚醒作用があるため、寝る直前は極力使用を控えましょう。

「食」以外のストレス解消法を見つける

ダイエットがうまくいかない人は、ストレスの解消方法が「食」になりがち。「今日は仕事が大変だったから帰りにケーキを買おう!」「今週がんばったご褒美に焼き肉食べ放題」などなど……もちろんたまになら問題ないのですが、食以外の楽しみをつくっておくとダイエットがよりスムーズにいきます。

たとえば好きな映画を見たり、気分転換に散歩をしたり、友達と思いっきりしゃべったり。なんでも良いので、食べること以外にも「楽しい」「気持ちいい」と感じられるような物事を見つけてみてください♪

リバウンドを防ぐためのコツ

ダイエッターのおよそ6割が経験していると言われているリバウンド。リバウンドを防ぎ、理想の体型を維持するためにはどのようなポイントに気をつければ良いのでしょうか?

暴飲暴食を防ぐために、一生続けられる食生活を!

リバウンドしてしまう原因のほとんどは、ダイエット終了後の暴飲暴食です!目標体重をクリアしたからといって、食生活を元に戻したら体型まで元に戻ってしまいます。

食事を制限しすぎるとついつい暴飲暴食に走ってしまうので、ダイエット終了後も一生続けられるような食生活を目指すことが大切です。短期間で結果は出づらいかもしれませんが、リバウンドの可能性が低下する分、長期的に見るとダイエットの成功確率はぐんと上がります。

ダイエット終了後も体重を計り続ける

食事から摂取した脂肪はすぐさま蓄積されるわけではないので、多少カロリーオーバーしても数日以内に調整すれば問題ありません。
ダイエット終了後も体重を意識し続ければ「昨日は外食したから今日はセーブしよう」というように、食事内容をコントロールしやすくなります。

ぴったりサイズの洋服を買う

体のラインがでやすいぴったりとした洋服を持っていれば、自分の体型に敏感になれます。ダイエットに成功したらお気に入りの服を購入し、その服をきれいに着こなせるようなプロポーションを維持しましょう!

面倒なことはしたくない……という人におすすめのダイエット法

カロリー計算とかマッサージとか、面倒なことはしたくない!という人におすすめのダイエット方法をご紹介します。

①ダイエットサプリ

市販のダイエットサプリは脂肪の燃焼を促進するタイプと腸内環境を整えるタイプの2種類に大別できます。食生活や生活習慣に気をつけつつ取り入れれば、ダイエットを無理なくサポートしてくれるでしょう。ただし市販のダイエットサプリメントには粗悪なものも多いため、信頼できる販売元の製品を選ぶことが大切です。あくまでも補助的なものなので「飲むだけで痩せる!」といった謳い文句の製品は避ける方が無難です。

②痩身エステ

ハンドマッサージや痩身マシンなどを駆使し、脂肪燃焼や引き締めなどダイエットにうれしいさまざまな効果を期待できます。また、なかには食生活や生活習慣なども含めダイエット全般の相談にのってくれるサロンも。こちらもあくまで補助的な役割なので、ある程度自分で努力する必要もあります。

③家庭用痩身マシン

家庭用痩身マシンは自宅で手軽に使用できるのがメリット!エステサロンに通う必要がないため、忙しい人でも無理なくダイエット継続できます。ただし家庭用マシンはエステと比べてパワーが弱く、1回あたりの効果は控えめ。根気よく続けていけばそれなりの効果は期待できますが、気休め程度になってしまう場合も少なくありません。こちらもダイエットサプリメント童謡、口コミなどを参照しながら信頼のおける製品を選ぶようにしましょう。

④医療ダイエット

医療ダイエットとは医療痩身マシンや薬剤を使用したダイエット治療のことで、主に美容クリニックでおこなわれています。もともと肥満治療やリハビリに使われていた技術が応用されているので、効果は折り紙つき!1回あたりの価格はエステと比べてお高めですが、その分高い痩身効果を期待できます。なかには施術後すぐに体の変化を感じられるものもあるので、「できるだけ早く痩せたい!」という方にもおすすめです。

おすすめの医療ダイエット専門クリニックを紹介!

今回ご紹介した中で最もおすすめのダイエット方法は、ズバリ医療ダイエット!医療の力を借りれば、運動嫌いな人でも無理なくダイエットできちゃいます。とはいえ医療ダイエットは決して安い買い物ではないですし、クリニック選びに失敗するのだけは避けたいですよね。

そこでイチオシなのが、池袋駅徒歩5分の「ディオクリニック」です!2020年にオープンしたばかりの新しいクリニックですが、話題の最新医療ダイエットを幅広く取り入れているのでダイエッターの間で早く注目の的になっているのです。

ディオクリニックがおすすめな3つの理由

ここからはディオクリニックをおすすめする理由を詳しく解説します!

医療EMSで筋トレいらず!

ディオクリニックでは電気刺激で筋肉の収縮運動を促す「医療EMS」を導入しています。

EMSはエステサロンでも導入するところが増えてきているのですが、ディオクリニックで採用されているマシンは従来のエステサロンの48億倍ものハイパワー!なんと30分回で腹筋2万回分ものトレーニング効果を得ることができます。

もちろん患者さんは施術台の上で寝転がっているだけで良いので、とっても楽ちん。多少ピリピリするような感覚はありますが、痛みや違和感はほとんどなくリラックスして過ごせます。

リバウンドしにくい施術が豊富

ディオクリニックにはリバウンドしにくい施術も豊富!たとえば人気の「脂肪溶解注射」や「脂肪冷却」は脂肪細胞そのものを破壊できるのですが、一度破壊された脂肪細胞は二度と再生することがないので、リバウンドの可能性は非常に低いとされているのです。

また、先程ご紹介した「医療EMS」や体内の深部体温を上げる「医療ラジオ波」など、代謝をアップして太りにくく痩せやすい体を目指せるような施術も盛りだくさんです。

ダイエット専門医の指導を受けられる

ディオクリニックはダイエット専門クリニックなので、ダイエットに精通した医師や看護師のみが在籍。医師監修による食事指導を受けられるので、医療の力を借りながら食生活も無理なく改善できます。

まとめ

健康維持のためには適度な運動も必要ですが、運動なしで痩せる方法はいくらでもあります!
まずは食生活の改善を第一目標に、ストレッチやマッサージなどを適宜取り入れてみましょう。

「面倒なことはしたくない!」という方には、医療ダイエットがおすすめです。

今回ご紹介したディオクリニックをはじめ無料カウンセリングを実施しているクリニックも多いので、気になる方はぜひ気軽に申し込んでみてください。