運動中は化粧(メイク)はしない方がいい?運動中も可愛く見せる崩れないメイクのコツ!

運動中は化粧(メイク)はしない方がいい?運動中も可愛く見せる崩れないメイクのコツ!

運動やスポーツをすると汗をかくので、メイクが崩れるのは仕方のないこと。
とはいえ多くの女性にとって、すっぴんで人前に出るのはちょっどハードルが高いですよね。
なかには「すっぴんになりたくないから…」という理由でジム通いを断念している方もいるのではないでしょうか?

実は、汗による化粧崩れを防止する方法、あるんです!

少しの工夫やアイテム選びで、メイクの”モチ”が格段にアップして運動中もキレイな状態をキープできます!

今回はそんな運動中のメイクのコツを詳しくご紹介しましょう。

化粧したまま運動するのは肌に悪い?

結論からいうと、お化粧をしたまま運動するのはあまり肌に良くありません。

体を動かすと汗をたくさんかくと思いますが、メイクをしたまま運動をすると汗とファンデーションが混ざり、毛穴がつまりやすい状態になってしまいます。
すると本来体外へ排出されるはずだった汗や皮脂が毛穴の中にとどまり、毛穴の汚れやニキビといった肌トラブルの原因になってしまうのです。

また、ファンデーションや皮脂が毛穴を防ぐことで毛穴がふさがると汗をかきにくくなる可能性もあります。
わたしたちが汗をかくのは体温を調節するためなので、そのまま放っておくと熱中症のリスクにもなりかねません。

運動中の化粧崩れを予防するコツ

「化粧したまま運動するのは肌に良くない」そう分かっていても、人前ですっぴんになるのはやっぱり抵抗がありますよね。

ここからは運動中の化粧崩れを予防するテクニックや、アイテム選びのコツをご紹介します。

 

メイク前に肌をしっかり保湿する

化粧崩れを防ぐためには、肌への密着度を上げることが大切!それにはメイク前の入念なスキンケアが欠かせません。
肌を十分に保湿しておくと、パウダーやリキッドの”つき”がよくなり密着度がぐっと上がってくれます。

乾燥する季節だけでなく、運動やスポーツをする前はできるだけ肌をしっかりと保湿しましょう。

 

皮脂の分泌を抑える

化粧崩れは汗だけでなく、毛穴から分泌される皮脂によっても起こります。

特におでこや鼻、頬などは皮脂が分泌されやすいので、気になる方は皮脂吸着効果のあるパウダーや下地を用いるのがおすすめです。特に夏場はそういったタイプの商品が多く発売されるので、1年中運動やスポーツを楽しみたい方はストック買いしておくと良いでしょう!

また、上記の保湿ケアも、皮脂の過剰な分泌を抑えることに繋がります。

 

できる限り薄付きにする

汗をかいてファンデはドロドロ、アイメイクも崩れてパンダ目に…なんて状況を防ぐために、ファンデやアイシャドウの厚塗りは極力避けて薄付きメイクを目指しましょう。

「薄付きだと汗ですぐ流されてしまいそう」と思われるかもしれませんが、実はメイク用品は薄付きの方が肌への密着度が上がるのです。
また、薄付きメイクならもし崩れてしまってもわかりづらく、汚い印象になりません。

肌トラブルやコンプレックスをどうしても隠したい場合はなるべくピンポイントにカバーして、全体を薄付きで仕上げるようにしましょう。

 

ウォータープルーフのアイテムを選ぶ

運動中のメイクには、汗や水に強いウォータープルーフのアイテムがぴったり!
特にアイブロウはウォータープルーフタイプが豊富なので、「とりあえず眉毛だけでも描いておきたい!」という方は積極的に活用しましょう♪

また、マスカラやアイライナーなどのアイメイク用品もウォータープルーフのものを選ぶようにするとパンダ目を未然に防ぐことができます。

 

眉や唇を”染める”ティントタイプも便利!

近年人気のティントタイプは、唇や眉そのものを染めるので汗や水でも落ちにくいのがメリット!

たくさんつけると発色が良くなりすぎたりと、慣れるまでは少し大変ですがスポーツメイクの頼れる相棒になってくれます。
なかには1日以上色がキープされるものもあるので、朝メイクをしてそのまま夜ジムで汗を流しても化粧崩れ知らず♪

色をのせるわけではないので付け心地もサラサラで、運動中も心地よく過ごせます。
まだ試したことがない人も、この機会にぜひティントタイプのアイテムを取り入れてみてくださいね。

【ポイント別】運動中も崩れないメイク方法

お次はポイントごとのメイク方法を解説!ベースメイク、アイブロウメイク、アイメイク、リップメイクそれぞれのコツを詳しくご説明します。

 

ベースメイク編

ベースメイクはお顔の広範囲に渡るので、汗腺からふきだす汗だけでなく滴る汗の影響も受けやすいもの。
化粧崩れを少しでも予防するためには、下地やファンデーションなどを極力薄く、均一にのばすことが重要です。

まずは肌をしっかりと保湿し、リキッドファンデを薄くのばします。
この時、できれば肌全体ではなく頬や鼻、顎など目立つパーツのみに塗り、フェイスラインを避けるようにするのがおすすめです。
その上からパウダーを薄くはたくと、肌がさらさらの仕上がりになり汗の影響も受けにくくなります。

パウダーはパウダーファンデやフェイスパウダーを使っても良いですが、ナチュラルな印象に仕上げたい場合は透明のルースパウダーを使いましょう。
あまり多くのアイテムを重ねると厚塗りになりやすいので、コンシーラーやカラーコントロール下地などは気になる部分にピンポイントに使うと良いですね。

さらに補強したい場合は、リキッドファンデ→パウダーの上から化粧崩れ防止スプレー(フィックスミスト)を使用するのもおすすめです。
フィックスミストはメイク完了後の肌にシュッとふきかけるだけで肌への密着度を上げてくれる優れもの!UV効果や保湿効果があるタイプもあり、肌を守りながら化粧崩れを防いでくれます。

 

アイブロウメイク編

そもそも眉毛は汗から目を守る役割を持っており、汗の影響をモロに受けます。顔の印象を大きく左右する部分でもあるので運動やスポーツをする日は眉ティントを使うのがおすすめです。

ふんわりとした眉毛に仕上げたい方は、ティントを綿棒でつけたりティッシュオフするなどして少量つけるようにするとよいでしょう。最近は比較的にナチュラルに仕上がるタイプも増えてきているので、なりたい眉に合わせてぴったりの商品を選んでみてくださいね。

どうしてもティントが苦手な場合は、ウォータープルーフタイプのアイブロウを選ぶとよいでしょう。ティントと比べると汗で落ちてしまう可能性は高いですが、軽い運動なら綺麗な眉をキープできるはずです。

 

アイメイク編

目元は顔全体の中でもとくに気合の入るパーツ。運動中もできるだけ目力をアップさせたいところですが、可能であればアイシャドウはなしでアイラインとマスカラのみで仕上げるのがおすすめです。

どうしても目元に陰影をつけたい場合は、アイシャドウをごく少量をのせるようにしましょう。パウダータイプのアイシャドウはどうしても落ちやすいので、できればクリームタイプの方がおすすめです。
また、アイシャドウを塗る前にアイシャドウベースを使用すると肌への密着度が上がりヨレにくくなります。

アイライナーやマスカラはウォータープルーフタイプを選び、汗の影響を受けやすい目じり側はできるだけ避けます。また、下瞼は汗で落ちやすいので、できるだけ上瞼のみでメイクを完了させるようにしましょう。
目力を重視したい方は、まつげパーマやまつげエクステを試してみるのもひとつの手です。

 

リップメイク編

唇は汗をかいても比較的崩れにくい部分ではありますが、水分補給をしたりタオルで口元の汗をぬぐう時に口紅が落ちてしまうことも少なくありません。

やはりおすすめはティントですが、ティントリップだと唇が荒れてしまうという方はリップのモチをアップさせるリップコートを使用しましょう。
リップコートは食事をしたりドリンクを飲んだ時に口紅が落ちるのを防いでくれるアイテムで、口紅の発色をよくしたり、ラメやパールで唇を華やかにみせてくれたりする商品もあります。

また、唇の乾燥が気になる方はヒアルロン酸などの保湿成分が含まれているものを選ぶとよいでしょう。

素肌を守りながら運動中もメイクを楽しむには?

冒頭でもお伝えした通り、メイクをしたまま運動をするのは肌にとってあまり良いことではありません。特に生まれつき肌が弱い方は、運動中のメイクには十分気を付けたいところです。

では、素肌への影響を極力減らしつつ、運動中もメイクを楽しむにはどうすれば良いのでしょうか?

 

ミネラルタイプのアイテムを選ぶ

肌トラブルが心配な方は、肌に優しいミネラルタイプがおすすめ!

最近ではファンデーションやフェイスパウダーなどのベースメイクアイテムの他に、ミネラルタイプのアイシャドウやアイブロウなども続々登場しています。

ただしミネラルタイプはあまりカバー力が高くなく、汗で落ちやすいのでこまめなお直しが必須。「多少崩れても良いから肌への優しさを重視したい!」という方にはおすすめできますが、「絶対に崩れないメイクを追求したい」という方にはあまり向いていないので注意しましょう。

それでも、受付や共有スペースなど人目につきやすい場所では十分キレイな状態をキープできると思います。

 

ポイントメイクのみで仕上げる

肌トラブルの原因は主にファンデーションやフェイスパウダーなどのベースメイクなので、運動中はアイブロウやアイラインなどのポイントメイクのみで仕上げるのもひとつの手です。そうすれば汗をかいても肌がドロドロにならず、毛穴がつまる心配もありません。

ジムへの道中人の目が気になるという方は、スタジオに入る際にベースメイクを落とせばOK。運動後は頬が上気するので、自然な血色感を生かしたメイクをするのもおすすめです。

 

運動し終えたらすぐにメイクを落とす

運動やスポーツを終えたら、すぐにメイクを落としましょう。汗とファンデーションで肌がドロドロになってしまっても、すぐさま落とし切れば肌への影響を最小限にすることができます。

最近はアメニティが充実しているジムも増えてきていますが、肌が弱い方は普段使っているアイテムを持参するほうが無難です。

また、運動後は体が火照っているので、肌をクールダウンできるようなアイテムを持ち込むのもよいでしょう。

まとめ

運動中の化粧崩れを防ぐためには、入念なスキンケアとアイテム選びが大切!

また、できるだけ薄付きに仕上げることで肌への密着度を上げ、汗とファンデーションが毛穴をふさいでしまうのを防ぎましょう。

運動中でも可愛く、キレイに見られたいのが女心。
肌トラブルに注意しながら、無理なくメイクを楽しみましょう♪